読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りでできるもん。

2人でできるなら、独りでできますよね(名言)

No.2 独りしりとり

独り遊びまとめ

難易度:★

タイプ:ニルヴァーナタイプ

思考を止め、ただ言葉を紡ぐ。

「あ」から「ん」の五十音の文字を

延々と組み合わせる作業。

遊びは程遠い、純粋な、「作業」

続けるうちに一瞬無意識になっている。

すぐに「今、何も考えてなかった」と覚醒する

その瞬間、えもいわれぬ快感が

脳天から足先まで、びりり、びりりと

犯していくのだ。嗚呼、たまらない。

縛りは設けず、ただ浮かんだ言葉を並べるのが

正しい方法であると私は思う。

その先の無意識がニルヴァーナに近づく

近道ではないだろうか。

人前でやると引かれるので注意。

No.1 独りカラオケ

独り遊びまとめ

難易度:★

タイプ:自己完結型タイプ

最近は独りカラオケを推す店もあるくらいだ。

ヒトカラ」という言葉が顕著な例であろう。

受付の際に少し躊躇する人もいるだろうが

入ってしまえばこっちのものだ。

飲み放題のジュース、クーラー付きの広い部屋。

しかも好きな歌を好きなだけ歌えるのだ。

これほど幸せなことがあるか、いや、ない。

独り遊びのファーストステップだろう。

 

 

 

 

 

 

難易度について。

独り遊びまとめ

独り遊びを紹介するにあたり、

「難易度」を設定したいと思う。

★…自分から笑顔で行えるもの

★★…シャイな人は恥ずかしがるもの

★★★…少しかんがえるもの

----------------大きな境界線------------------------------

☆…友人に引かれるもの

☆☆…人には話せないもの

☆☆☆…知られると社会的に終わるもの

 

こんな感じでどうだろうか。

 

 

はじめに。

友人がいないわけではない。

頼れる先輩がいないわけではない。

彼女はいない。

遊ぶのが嫌いなわけでもない。

海、山、BBQ、キャンプに肝試し、最高だ。

でも、独りの時間が大好きだ。

家で惰眠を貪り、暇なら本を読んでいたい。

西にボルダリングがあるなら、登ろうぞ。

東に映画館があるなら、見ようぞ。

2人でできることは独りでできる。

私の独り遊びをみなさまに紹介したい。

そんな思いで書き連ねます。